Vol.123

ホーロー引きのセード門燈
投稿日:2017,05,25
photo by LIGHTDESIGN INC.

九州の城下町にて

昨年の夏から秋にかけて、大分県竹田市のとある現場へ何度か足を運ぶ機会がありました。竹田市は、大分空港から車で2時間ほど九州山地に入ったところにあって、豊かな湧き水と共に、美しい城下町の街並みが広がっていました。

この町にある、かつてパーマ屋さんだった古い建物を友人のランドスケープデザイナーが生まれ変わらせる・・・エネルギーを極力使わない、これからの新しい暮らしの在り方を模索する研究拠点にする!というプロジェクトに感銘を受け、その照明デザインを担当することになったのです。初めてこの町を訪れ、散策していると、ある一軒家のお宅の玄関先にある非常に印象的な明かりと出逢うことができました。

続きを読む

Vol.122

自動車の明かりが夜景を変える
投稿日:2017,05,11
photo by Devin Kenna

車のライトが面白い

こんにちは、東海林弘靖です。今回は自動車のヘッドライトの話をテーマにブログを綴ってみたいと思います。

最近、車のヘッドライトがLED化され大変面白い進化を遂げています。私たち照明デザイナーは、主として建築物を対象とした光のデザインを行っていますので、車の照明ましてヘッドライトのデザインにまで踏み込むことはまずありませんでした。しかし、都市の夜景という観点では、この車の照明が極めて大きな役割を果たしているのです。

まずは、そんな夜景を作り出しているヘッドライトとテールランプのお話しからご紹介いたしましょう。

続きを読む

Vol.121

東京は夜こそ面白い
投稿日:2017,04,26
photo by Zengame

ライティング・フェア2017にて

去る3月7日から10日までの4日間、東京ビッグサイトにて「ライティング・フェア2017」が開催されました。これは2年に1度開催される照明の総合見本市で、今年は4日間で7万人を超える来場者があったとのことです。光のソムリエでは前回の開催(2年前)から私も所属する日本国際照明デザイナーズ協会(IALD Japan)がこのイベントに全面協力することになったとご報告しておりましたが、今年はその体制での2回目の開催、更なる面白い企画を実施することになったのです。今日はその特筆すべき面白いイベント「アフターダークツアー」をレポートします。

続きを読む



PROFILE
東海林弘靖 / Hiroyasu Shoji

1958年生まれ。工学院大学・大学院建築学専攻修士課程修了。
光と建築空間との関係に興味を持ち、建築デザインから照明デザインの道に入る。1990年より地球上の感動的な光と出会うために世界中を探索調査、アラスカのオーロラからサハラ砂漠の月夜など自然の美しい光を取材し続けている。2000年に有限会社ライトデザインを銀座に設立。超高層建築のファサードから美術館、図書館、商業施設、レストラン・バーなどの飲食空間まで幅広い光のデザインを行っている。光に関わる楽しいことには何でも挑戦! を信条に、日本初の試みであるL J (Light Jockey)のようなパフォーマンスにも実験的に取り組んでいる。




Vol.121
Vol.121 照明デザイナ−が案内する東京ナイトツア-

Vol.122
Vol.122 自動車ヘッドライトの変遷

Vol.123
Vol.123 城下町で門燈の意義を思い出した


過去の記事

最新の記事一覧に戻る




Copyrights (C) 2012 LIGHTDESIGN INC. All Rights Reserved.